出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

足場機材リースのアルバイトについて

出版社でのアルバイト
私は大学生の頃に家から近くにあった足場の機材をリースする会社でアルバイトをしていました。足場の機材自体が分からずに仕事内容も良く分からなかったのですが、求人情報で時給がよくて一時間1000円で日払い週払い可能でしたので魅力的で応募しました。面接は1対1で現場責任者と行い、すぐに採用になり、次に日から働き始めました。私が想像していた物とは違い、機材は一つ一つが重くて、色々な種類がありました。主に、組み立てて高層マンションやビルなどを建てる際に組む足場の材料で、頑丈でしっかりした印象でした。毎日朝にトラックが来て集荷作業をしたり、使用した物を返却しに来ます。私の仕事は、返却されて返ってきた汚れた機材などを綺麗にして、再度出荷できるようにまとめる仕事でした。

返ってきた鉄製の棒や板などにはコンクリートやペンキなどが付着しており、それをまず高圧の水で2人一組で洗い流していきます。それが終わるとハンマーで叩いて細かいコンクリートなどを除去していきます。慣れてくると簡単で楽しくなっていきました。毎日朝の8時から夕方の5時まで働いて、一日1万円ちかくもらえて、昼食なども無料で出たためにとても良い小遣い稼ぎが出来たと思います。今はもう社会人でアルバイトは出来ませんが、週に2回くらい是非またやってみたいです。

関連情報

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.