出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

引越しのアルバイトはきつい

出版社でのアルバイト
自分の友人に少しガタイがよく元柔道部がいました。部活を引退した後に自分の体に相当自信があったため引越しのアルバイトを応募したそうです。面接ではすごい体だねと言われて即合格だったそうです。学校でも3本の指に入るくらいの筋肉付きで正直言うと自分も怖いです。しかし見た目だけで根はとても優しくてどんな人にも平等に接します。

しかも自分と同じアニメ鑑賞やアニメが大好きなので意気投合して今でも仲がいいです。入って初日からいきなり先輩よりも重いものを持って現場では大活躍で自給があっという間にあがっていって今では正社員で働いています。主に現場監督をしているのですがアルバイトの人並みに荷物を運びつつも指示を出していてとてもかっこいい後ろ姿を見ました。自分も一人暮らしをする時にその友人に頼んだ時はまっさきに来てくれて急いでいたのですごい助かりました。手際がすごいよく今まで頼んだ仲でもダントツで早くてすごい頼もしかったです。

しかし最初の時は筋肉痛がひどくてエレベーターがないマンションは重い荷物を階段で運ぶので体力がないと本当につらいみたいです。途中で腕が痙攣して物を落として骨折した人は病院に運ばれたらしいです。

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.