出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

警備員のアルバイトって、結構オイシイと思います。

出版社でのアルバイト
アルバイトをやり始めた志望動機として意外と多いのが「格好良い制服を着てみたかったから」というのだそうです。ちなみに僕は現在警備員の仕事をしていますが、まさにこの仕事に応募した最大の理由というのは、まるで警察官のような格好良い制服を着たかったからです。

この警備員という職業が他のアルバイトと違っている点としては、まず実際にお仕事に入る前に3日間ほど朝から夕方まで講習を受ける必要がある、という点です。当然この講習期間中もお給料は支払われますし、講習内容も大半は警備員に求められる心構えなどを学ぶビデオを見るだけなので、特に難しい事は何もありません。

また警備員と一口で言っても、配置される現場によって仕事量やキツさというのは全然違ってきますから注意が必要です。なお個人的に初めての方にお薦めなのがイベント警備です。基本的に新人に任される仕事としては、立ち入り禁止区間の前に立って、関係者パスを持っていない部外者が侵入しないように、立ち番で見張っているだけでイイので大変ラクだからです。あとサッカーの試合会場なども、ピッチの方向に背を向けてスタンドを見ながらずっと立硝しているだけでイイので、正直こんなので結構良い時給が貰えるのが不思議なぐらいのアルバイトです。

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.