出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

金欠の際の強い味方「交通量調査員」のアルバイトについて。

出版社でのアルバイト
普通のアルバイトというのは、働き始めてから実際にお給料を手にできるまで一ヶ月から一ヶ月半程度待たなければなりませんが、家賃の支払い期日などが迫っていて、どうしてもスグにお給料を貰えないと困るといった場合もあると思います。そういった際にやっぱり頼りになるのが、働いた分のお給料を仕事終了後にスグに受け取れる職種の代表格「交通量調査員」だと思います。

具体的な仕事内容としては歩道橋の上からパイプ椅子に座りながら、その下を幹線道路通過するトラックや乗用車のナンバープレートを見て、予め参加した説明会で教えられた種類別にカウンターを押していき、時間ごとに紙に数を記入していくだけです。ですので視力が余程悪くない限りは誰でも簡単にこなせる、難易度としては相当低いアルバイトと言えるでしょう。

ただ当然仕事中はずっと屋外にいる事になるので、調査当日の気象状況によって疲労度は随分と違ってきます。ちなみに私がこれまでに参加してきた交通量調査のアルバイトでは、幸い当日の天候が雨になったという経験は一度も無いです。しかし聞いた話によると、少々の小雨程度なら傘やレインコート着用で調査を決行するみたいですから、そうなってくると仕事が単調過ぎて途中居眠りしないようにするのが大変だ、なんて事は言ってられないんだと思います。

関連情報

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.