出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

アルバイトのメリット、デメリット

出版社でのアルバイト
アルバイトのメリットは一つ、時間の融通がある程度聞くということが一番に挙げられるのではないのでしょうか、正規雇用に比べれば格段に病欠、冠婚葬祭、またまた友達と遊びたいなど、働く場所次第では自分都合で休めるのではないでしょうか。

アルバイトのデメリットはやっぱり待遇面ですね。時給が上がらない、交通費が出ない、社会保障がないなどが真っ先に挙げられるのではないでしょうか。その中でも時給が上がらないのではないでしょうか!よく聞く話では数年働いても時給が変わらない、または上がっても20、30円とかやはり長く働くなら正規雇用がいいんですかね。

正規雇用になると給料が長く働けば少しずつではあるが上がる。社会保障がある(ないところも多い)。ボーナスがある(会社によってさまざま)。こうやって比べてみるとその人の考え方、生活スタイルに合った選択をするのがいいのではないでしょうか。ちなみに経験談ですが(数年前)某大手ディスカウントショップで働いていた時は時給が半年で50円上がりました。二年半働き900円スタートでMAX1200円まで上がりました。そういう企業もあるみたいですね。ただアルバイトはボーナスありませんしね。働き方によっては社会保障もなかったりします。ただ、融通聞く時間をうまく使うことによって正規雇用に負けない収入を得られる方もいるのではないでしょうか。

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.