出版社でのアルバイト

出版社でのアルバイト

アルバイトから趣味が増える

出版社でのアルバイト
本格的に社会に出る前に小遣い稼ぎとしてアルバイトをする人は多いかと思います。アルバイトというのは小遣い稼ぎでもありますが、高校や大学生にとって社会に出る練習のようなものです。知識として知っている世界でも実際に従業員として働いてみると沢山知らなかった世界を覗けます。飲食店であれば裏の仕入れの値段を知ることも可能ですし、接客のいろはや料理の基礎を学べることもあるかもしれません。知らなかったフルーツの世界に魅了されることもあるでしょうし、自分の知らない世界を知るという意味でアルバイトは社会に出たことのない若者にとってとても大切な通り道なのです。

本人としてはお金を稼ぐというのが目的でしょうし、勿論それも大切なことの一つではあります。一万円稼ぐのにどれだけ苦労しなければならないかを体で体感するのは大切なことですが、やはり一番大切なことは社会を身をもって知ることなのです。知らなかった世界が広がっているものですし、自分の趣味や興味の世界も広がります。全く触れることのなかった世界でもアルバイトをしたおかげで仕事につながることもあるでしょうし、生き方さえ変わることもあります。

そういう意味で一つの場所で長くアルバイトをする大切さ同様、いろんな職種を経験することも実は大切であり意味のあることだとも言えるのです。

Copyright (C)2017出版社でのアルバイト.All rights reserved.